心ブレスレット

心ブレスレット

身近な素材で簡単にブレスレットを自作しよう

アクセサリーを自分で作るのは難しそうだと考えられています。器用じゃないからできない、道具がない、時間がかかりそうなど、さまざまな理由がありますが、自作はそれほど難しいものではありません。たとえば、ビーズや天然石を使ったブレスレットの場合は、素材やテグスが豊富に揃っています。ハンドメイドの素材の専門店がありますが、100円ショップにもコーナーがあります。素材はチャーム、ビーズやガラス、パワーストーン、専門店によってはスワロフスキーを取り扱っていて、形は球形だけではなく四角形や星型、ハート型のようにいろいろな形があります。また、パーツの穴の直径によって使用するテグスの太さが変わってきますので、ブレスレットの重みや耐久性を考えたテグスを選びます。伸び縮みするテグスもありますので、使う頻度に合わせて選ぶとよいでしょう。ただし、伸び縮みするテグスは耐久性に不安があるので、二重にします。このようにブレスレットは身近な素材で自作できるのです。

パワーストーンのブレスレットを自作するときに気をつけたいこと

芸能人やスポーツ選手、ミュージシャンがパワーストーンのブレスレットを身につけている映像は珍しいものではありません。周囲を見ても普段使いとして身につけている人も多いです。パワーストーンの専門店ではブレスレットがオーダーメイドできますが、その価格は高いものとなります。自分の好きな石で自作したい場合は、パワーストーン専門店で石を購入することになります。自作する人たちに向けて、ゴムやテグスを通す穴があらかじめ開けられている天然石が販売されています。直径のサイズが違う丸玉、カットされた石など種類は豊富ですが、石を選ぶときには何を叶えたいのか考えましょう。一つのブレスレットに対して一つの運、というように願い事を絞ることが大切です。また、複数のパワーストーンを使いたいのなら、同じ効果を持つ石で作るほうがよいのです。購入したら石を浄化したり、願いをこめて集中して制作することも大切ですが、まずはどんな運を良くしたいのか考えることが必要です。

Favorite


屋根リフォーム 千葉




Last update:2019/12/13

→TOPへ

 

■Menu■

TOP

ペアブレスレット

自作

勇気を与える

パワー回復

Form

Copyright(C) 2009 心ブレスレットAll rights reserved.